高松市で、歯科治療をはじめインプラント・審美歯科なら安心できる三谷歯科へ。香川県高松市の歯科

高松市 歯科 インプラントと審美歯科なら 三谷歯科医院

Welcome Guest 
メインメニュー
トップ  >  その他歯の情報  >  インプラントCTスキャンシステム

インプラント治療の効果

〜他の治療方法との比較〜

噛む力を回復させる効果

部分床義歯は天然歯に比べて、残念ながら50 65 %程度の噛む力しかない
インプラントを採用すると、ほぼ天然歯に匹敵する噛む力を回復できる
  • 最大の咬合力(噛む力)は、
       天然歯  50〜60kg
       総義歯  15kg  しか得ることができない。
  • 部分床義歯では、天然歯の50〜65%程度の噛む力しか回復させることができない。
  • 義歯患者の80%は、義歯に不満足という、とても残念なデ−タ−がある。
     (義歯安定剤の売上が2002年に100億円を突破しているという事実からも証明されている。)
  • インプラントは、天然歯とほぼ同等の噛む力・噛み砕く力に回復させることが可能。また、噛んだ感覚が、天然歯とほとんど変わらない。

◆平均使用年数の比較◆
ブリッジ(1 〜2 歯欠損で通常使用するもの)の平均使用年数は約8 年(岡山大学予防歯科デ−タ)
8 年の残存率が50 %しかない
支台歯の崩壊を伴う危険性が大
部分床義歯の平均使用年数は、3 年で70 %、5 年で40 %しかない。(雨森洋他、補綴誌23 、1968 )

義歯の平均寿命は4年ということになる
インプラントは、10 年経過でも残存率90 %超が普通               
    平均寿命(残存率50%)は30年以上

◆ 歯を支える骨の吸収を抑える効果◆
  • 下顎顎堤(歯を支えている顎骨のレベル)は、根が無い部分(ブリッジや義歯が入っている部分)で、年間平均0.5mmになる。しかも水平的骨吸収で、全面におよんでしまう。(義歯の場合、その加圧によって、吸収をさらに悪化させる) 
    インプラント周囲の骨吸収は、年間平均0.1mm程度であり、義歯の1/5以下。 また、インプラント頚部の垂直的骨吸収なので、限局化される。
*歯周病が進んだ場合は、天然歯と同様に骨吸収が大きくなることはある
◆天然歯への影響◆
  • ブリッジや義歯では、天然歯を鉤歯・支台歯として、過剰な咬合負担をかけている。
健全な天然歯まで失うことにつながる
支台歯・鉤歯の寿命は極めて危うい。
また、喪失してしまうと、奥歯の咬合維持を失うので、前歯部も崩壊する。
残存歯を犠牲にしない。
咬合支持歯数も増加するので、残存歯の負担も軽減。
◆ 総合的な比較◆
インプラントVSブリッジVS床義歯

比較項目

インプラント

ブリッジ

床義歯

長期信頼性
(残存率)

10年で90%以上

850

×

4年で50

残存組織の保護

×

歯質の削去。

咬合負担増大

×

鉤歯の喪失・

顎堤の吸収

咬合咀嚼力

×

審美性

異物感

×

費用

自費診療

保険or自費

保険or自費



最新のマクロメディアフラッシュプレーヤーが必要です。
get Flash Player
前
ホワイトシュミレーションシステム
カテゴリートップ
その他歯の情報
次
歯周治療
歯の豆知識
香川県高松市の歯科三谷歯科
Copyright (C) 2007-2018 mitani-sika. All Rights Reserved.MITANI-SIKA