高松市で、歯科治療をはじめインプラント・審美歯科なら安心できる三谷歯科へ。香川県高松市の歯科

高松市 歯科 インプラントと審美歯科なら 三谷歯科医院

Welcome Guest 
メインメニュー
簡単ネット予約24時間受付
トップ  >  歯の一般的な知識  >  歯の役割

歯の役割

動物と人間の歯の違い

動物にとっての歯

人間を含む哺乳類にとって、歯は「捕らえ」「咬み切り」「咬み砕き」「磨り潰す」の4種の働きを担っています。
食べ物によって、前歯(牙)が発達し、歯の形が鋭いもの、奥歯(臼歯)が発達し、碾き臼の様な形をしているものなど、様々な種類がいますが、人間の歯はさらにこれらの働きを効率良くこなすために、その形態が細分化されています。そのため、前歯で「捕らえ」、「咬み切り」、奥歯(臼歯)で「咬み砕き」「磨り潰す」ように発達した人間の歯は、他の動物以上に身体全体の状態に大きく関わってくるのです。
動物にとっての歯の役割


人間にとっての歯

人間にとって歯は、発音になくてはならない音(T,D,Th,F,V音など)の発声に重要な役割を果たしているほか、審美的な意味でも、社会生活の中で対人関係、個人のイメージ作りなど重要な役割を担っています。

きれいで、清潔な歯をしていることで、その人のイメージ自体が快活で明るくなることもあります。口元に自信のある方は、思いっきり笑ったり、お喋りしたりできるため、相手に好ましい印象を与えるかもしれませんし、逆に口元に自信のない方はネガティブな印象を与えかねません。
人間にとっての歯の役割
カテゴリートップ
歯の一般的な知識
次
歯の構成
歯の豆知識
香川県高松市の歯科三谷歯科
Copyright (C) 2007-2018 mitani-sika. All Rights Reserved.MITANI-SIKA